ねぎにら餃子

neginiragyoza.jpg味がしっかりついてるのでそのままでも美味しくいただけます。 ニンニクを入れてないのでニンニク好きの方はニンニクを入れてもOK 餃子のタレにおろしニンニクを入れて食べるのも美味しいですよ(^^) neginiragyoza11.jpg材料 ひき肉…200g ねぎ…1本 にら…1束 餃子の皮…1袋(21枚) 鶏ガラスープの素…小さじ1 オイスターソース…大さじ1 料理酒…大さじ1 醤油…小さじ1 塩…少々 コショウ…少々 ごま油…少々 小麦粉…少々(皮をつつむ用) 水…適量(皮をつつむ用) 水…適量(蒸し焼き用) neginiragyoza12.jpgニラを細かくきざみます。 neginiragyoza13.jpgきざんだニラをレンジでチンしてしんなりするくらい加熱します。 neginiragyoza14.jpgねぎもきざみます。 neginiragyoza15.jpgねぎもレンチンしてしんなりするまで加熱します。 neginiragyoza17.jpgひき肉に調味料を全てまぜます。ねぎとにらを加えよくまぜます。 neginiragyoza18.jpg餃子の餡は完成 neginiragyoza19.jpg餃子の皮で餡をつつんでいきます。 水で溶いた小麦粉を皮にぬり開くのをおさえます。 neginiragyoza20.jpg油をひき蒸し焼きにしていきます。 餃子を並べ餃子の半分くらいの水をいれます。 蓋をして、中火で焼き水がなくなるまで焼きます 水がなくなったら、蓋を取り 仕上げの焼きを1ぷん皮をぱりっと焼きあげます。 水がなくなったあとに蓋を取り 皮をパリっとさせるのがコツ! 是非お試しください。

特徴



あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。




あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。